パンガー湾半日シーカヌー

プーケットを北上しサラシン橋を渡ってパンガー湾半日カヌーツアーに行ってきました。

プーケットから約1時間半かけて最初に到着したのはスワナクハ寺院、モンキーケイブです。到着するとさっそくキーキー猿の鳴く声が聞こえてきます。よく見るとたくさん猿がいます。一房のバナナが10バーツで売ってあり、そのまま渡しても皮は自分で剥いて上手に食べます。

スワナクハ寺院はその寺院自体が洞窟になっていて横たわる仏陀が独特な雰囲気を醸しだしています。洞窟は奥まで広がり暗くなっていますがライトが照らされ末端まで行くことが出来ます。自然に出来たとは思えない形の洞窟です。

そのスケール大きさにはみんな驚かされるでしょう。

陽気な猿を見物したら、ガイドの集合の合図と共に次に移動します。

船着き場でロングテイルボートに乗りパンガー湾観光。ここパンガー湾にはアニメのシーンに出てくるような変てこな島、岩が海に数多く点在しています。奥の方までずっと見つめるとホンとにこの海には数々の島、岩があり、その景色にも癒されます。やっぱり映画の撮影スポットになるくらいですからね。30分ほどかけて着いたところでお待ちかねのシーカヌーです。

カヌー乗場でガイドから説明を受けたあと、サンドイッチやコーラ、バナナなどが配られます。ここで少しゆっくりしたら順番にカヌーへ乗ります。一人、又は二人ずつになります。カヌーは洞窟へ進み40分くらい、プロのスタッフが漕いでくれます。

実際にパドリングさせてもらったのですがカヌーを運転するのは難しいです。なかなか思うようには進みません。カヌーの上からゆっくりパンガー湾の景色を見るのもまた良いです。カヌーを終えて、全員集まったら次へ進みます。次もまたお待ちかねになりますジェームスボンド島(コ、ピンガン)です。もちろん実際に見るのは初めてなのでわくわくしました。着いた先にはお土産屋さんが並び、観光客も沢山いました。

ぐるっとお土産屋さんを回り奥へ進むとありました。ジェームスボンド岩。

海に突き刺さるクサビのようにそびえ立つ岩は不思議にもずっしりした雰囲気もありました。期待とおりの迫力を感じました。

もちろん一番の写真撮影スポットといえるでしょう。色んなアングルが楽しめます。その他、ここコ、ピンガンでは地震によって真っ二つに割れた岩などもあって見ごたえたっぷりです。

コ、ピンガンを出発して目指したのは最後の目的地、パンジー島(フィッシングビレッジ、ムスリムビレッジ)です。フィッシングビレッジというのはここではシーフードを沢山養殖しているのです。魚、蟹、牡蠣、ロブスター、なかにはカブトガニもいました。

またムスリムビレッジというのは文字通りイスラム教徒が住む島なのです。人口は4000人だそうです。この島を歩いて回るのはちょっと独特の雰囲気があり凄く楽しいです。この集落の奥にはモスクが立ち、周りには学校、民家の集落があります。

ここに着いたらガイドから説明を受けたあとフリータイムになります。

海に面したバンガローのレストランで食事をとったり、その奥にはお土産屋さんがたくさんあります。村の人々もフレンドリーで会話をするのも面白かったです。

お買い物をするならここが最後になります。最後の集合の合図でロングテイルボートに乗り船着場を目指します。17時半にパンガーを出発しプーケットへ向かいました。お昼出発でしたが自然を堪能できる内容の充実したツアーでした。

トイレはロングテイルボートに乗る前、カヌーに乗る前にありますのでここで済ませておきましょう。

ロングテイルボートは若干海の水がかかる事がありますので上は濡れても良い格好で、タオルなどがあったほうがいいと思います。

デジタルカメラ等が濡れないようにビニール袋も配られますが事前に用意出来たらしておくのも良いと思います。

ドラゴンボールやアラレちゃんに出てくるような自然が見れます。そんな自然がパンガー
にはありました。歴史、自然、地元の暮らしに触れる事が出来る感動と体験。

料金 大人お一人様 1250バーツ 子供 950バーツ

ツアーレポ

お申し込みご希望の方は

コチラ

までご連絡下さい。

友達紹介
トップ アイコン
★ 相互リンク ★
お勧めツアー
BBS
タイ料理、屋台
タイ語勉強中
ナイトスポット
安宿ゲストハウス
2007-2008 Blue Island Co.,LTD all right reserved 無断転載禁止